リアルゴールドを冷凍するとどうなる?氷と炭酸を両方味わうには

2020年2月3日リアルゴールド

リアルゴールド 冷凍

リアルゴールドに氷を入れ、風呂上がりなどに飲むとたまらなく美味しいですよね。

そこでふと思うのが、リアルゴールド自体を凍らせると美味しくなるのか?という疑問です。

ただ、炭酸飲料を凍らせる際は、やり方を間違えると事故につながる危険性があります。

炭酸を凍らせる際の注意点と、凍らせたリアルゴールドの味の変化についてお伝えいたします。

リアルゴールドを冷凍するリスク

冷凍庫に容器のまま入れると危険

リアルゴールドを凍らせる際は、絶対にペットボトルや缶のまま冷凍庫に入れないようにしてください。

炭酸飲料を容器に入れたまま凍らせてしまうと、炭酸ガスによって内部圧力が高くなり、容器が破裂する恐れがあります。

運が悪いと、破裂の衝撃や飛び散った容器の破片で大怪我をしかねないので、絶対にやらないでください。

リアルゴールドだけに限らず、炭酸飲料を冷凍する際は必ず他の容器に入れて、密閉しない状態で冷凍庫に入れるのが鉄則です。

凍らせるとなぜ破裂するのか

炭酸飲料は、水の中に二酸化炭素(炭酸ガス)を溶け込ませて作られています。

この二酸化炭素は、水が液体ならば安定していますが、水が凍って固体になると溶け込んでいられなくなり、外に追い出されてしまいます。

容器のまま凍らせた場合、中に含まれていた二酸化炭素が、容器内の狭い隙間にすべて放出されてしまいます。

これにより容器内の圧力が高くなり、ちょっとした衝撃が加わっただけでも破裂してしまうようになるのです。

二酸化炭素の逃げ道がきちんと確保されていれば破裂は起きないため、炭酸を凍らせる際は密閉しないことを心がけてください。


スポンサーリンク

凍ったリアルゴールドの味や食感

次に、リアルゴールドを凍らせると味や食感がどう変化するのかについて見ていきましょう。

私も実際に作って食べてみましたが、味はリアルゴールドの風味がそのまま残っており、ほぼ変化はありません。

味はそのままに、
・氷のヒンヤリ感
・シャリシャリした食感
が追加されたような感じです。

ただ、冷凍リアルゴールドには無視できない大きな欠点が存在しています。

それは、炭酸がほぼ抜けてしまっているという点です。

前述したように、凍らせると中に溶けているニ酸化炭素がすべて外に出てしまうため、炭酸のシュワシュワ感がほとんど失われてしまっています。

炭酸と氷の食感を両立させたい場合には、凍らせる方法ではダメなようです。

氷と炭酸をダブルで味わう方法

氷と炭酸をダブルで味わう方法

では、リアルゴールドの炭酸を残したまま氷と組み合わせるには、どうすれば良いのでしょうか。

かき氷のシロップとして使う

ご自宅でかき氷を作れる環境がある方は、リアルゴールドをシロップとして使うのがオススメです。

この方法であれば、リアルゴールドの風味や炭酸はそのままに、氷の食感もセットで楽しむことが可能です。

リアルゴールドの蛍光色はかき氷によくマッチするので、見た目的にもGOODです。

なお、リアルゴールドはブラックライトを当てると光るので、演出次第では子供受けも狙えるかもしれませんね。

アイスボックスと組み合わせる

お手軽かつ外でも使える方法として、森永製菓のアイスボックスにリアルゴールドを入れて飲むという方法があります。

かき氷とは違って道具を必要としないうえ、コンビニやスーパーで簡単に揃えることができるのが強みです。

リアルゴールド以外にも、味のついた炭酸飲料であればほぼ何でもおいしく飲めます。
(炭酸以外のジュースなどでもOK)

覚えておくとキャンプやバーベキューなどで使えるので、ぜひ一度試してみてください。


スポンサーリンク

まとめ

リアルゴールドだけに限らず、炭酸飲料を凍らせる際は、やり方を間違えると事故につながる恐れがあります。

知らないとついうっかりやってしまいがちなので、缶やペットボトルをそのまま冷蔵庫に入れないように気をつけましょう。

そして、うまく冷凍できたとしても、本来の風味や炭酸が失われてしまう可能性が高いので、あまりおすすめは出来ません。

リアルゴールド本来の味を生かすためにも、別で用意した氷と組み合わせて使うことをおすすめします。


スポンサーリンク