リアルゴールドは一日何本までにするべき?目安量と注意すべき成分

2020年2月3日リアルゴールド

リアルゴールド 一日何本

癖になる甘さと爽快感のある炭酸で、ぐびぐび飲めてしまうリアルゴールド

美味しすぎてついたくさん飲みたくなりますが、実際のところ1日の許容量は何本ぐらいなのでしょうか?

一日に飲んでも良い目安量について、栄養成分から読み解いていきたいと思います。

炭酸飲料の用法・用量について

リアルゴールドの解説の前に、炭酸飲料の用法・用量について少し解説しておきます。
(知っている方は、読み飛ばしてください。)

栄養ドリンクなどの場合、パッケージに「1日1本」などと用量が書かれていますが、炭酸飲料にそういった表示はありません。

これは「何本でも飲んでよい」ということではなく、「とくに決まりはない」というのが正しいです。

というのも、現在の法律においては、用法・用量を明示できるのは医薬品として認定されたものだけに限られています。

ジュースや炭酸といった清涼飲料水は、医薬品と誤解されないよう、摂取時期や量などを断定してはいけないことになっています。

これらの飲料はメーカーが飲む量を指定できないので、消費者が自分で飲む量を調節する必要があるのです。


スポンサーリンク

リアルゴールドは1日何本まで?

それでは、リアルゴールドを飲む際の目安について見ていきましょう。

ちなみにここからの内容は、栄養成分を見ながら私が算出したものですので、あくまでもひとつの目安にすぎません。

あなたの生活習慣・体質・食生活・飲んでいるサプリなどによって基準は変化するので、この記事を参考にご自分でも一度考えてみることをおすすめします。

缶タイプ3種[160ml・190ml・300ml]

まずは、リアルゴールドで一番よく見かける、缶入りタイプについてです。

缶タイプは、160ml・190ml・300mlの3種類があります。

缶3種類の目安量は、どのサイズであっても1日1本までです。

缶タイプの栄養成分表示は以下の通り。

栄養成分表示(100mlあたり)
エネルギー56kcal
タンパク質0g
脂質0g
炭水化物14g
食塩相当量0.01g
ビタミンC63~150mg
ナイアシン9mg
ビタミンB20.8mg
ビタミンB60.8mg
ビタミンP0.8mg
アスパラギン酸11mg

出典:リアルゴールド 製品情報

※缶3種類の成分比率はすべて同じ、違うのは量だけ。

そして、上記の成分量を内容量別に計算しなおしたものが下記となります。
(※長いので折りたたみ、タップで開閉。)

160ml缶の成分量
栄養成分表示(160ml換算)
エネルギー89.6kcal
炭水化物22.4g
食塩相当量0.016g
ビタミンC100.8~240mg
ナイアシン14.4mg
ビタミンB21.28mg
ビタミンB61.28mg
ビタミンP1.28mg
アスパラギン酸17.6mg
190ml缶の成分量
栄養成分表示(190ml換算)
エネルギー106.4kcal
炭水化物26.6g
食塩相当量0.019g
ビタミンC119.7~285mg
ナイアシン17.1mg
ビタミンB21.52mg
ビタミンB61.52mg
ビタミンP1.52mg
アスパラギン酸20.9mg
300ml缶の成分量
栄養成分表示(300ml換算)
エネルギー168kcal
炭水化物42g
食塩相当量0.03g
ビタミンC189~450mg
ナイアシン27mg
ビタミンB22.4mg
ビタミンB62.4mg
ビタミンP2.4mg
アスパラギン酸33mg



リアルゴールドの缶タイプで、とくに注意が必要なのが糖質です。

補足しておきますと、糖質とは炭水化物から食物繊維を引いたもの

飲み物の場合は食物繊維がほぼ入っていないため、炭水化物の数値をそのまま糖質と考えればOKです。

缶タイプの糖質は、160mlが22.4g、190mlが26.6g、300mlが42gです。

これだけではわかりにくいので、一般的な主食品の糖質と比較してみましょう。

食品の糖質量(一例)
白飯茶碗1杯(150g)55g
うどん1玉(250g)52g
パスタ1食分(80g)57g
ロールパン1個(30g)14g
あんぱん1個(100g)38g

上記を見てもらえばわかりますが、たとえ小さいサイズの缶であっても、上記主食品の半分~7割程度の糖質が入っています。

なかでもボトル缶(300ml)はかなり高く、1本すべて飲むとパン1個を超える糖質がとれてしまいます。

糖質制限の目安が1日50g程度なので、300mlはもちろん、160ml・190mlでも意外と糖質が高いことが理解していただけるでしょう。

1日に食べる他の食品のことも考えると、2本以上飲むのは糖質の摂り過ぎになる恐れがあります。

糖質過多を防ぐためにも、リアルゴールド缶はなるべく1日1本までにとどめておきましょう。

なお、糖質以外の栄養素はおおよそ平均的な数値であり、過剰摂取の心配はそれほどありません。
(サプリを飲んでいる方は注意が必要。)

また、量に比例してカロリーも増加するので、カロリー制限をしている方は数値をよく確認しておきましょう。

瓶タイプ[120ml]

瓶に入ったタイプは最近少なくなりましたが、薬局等でたまに見かけるほか、通販などで購入することができます。

瓶の種類は120mlのみで、缶の一番小さいサイズよりも量が少ないです。

瓶タイプの目安量は、1日1本までです。

一応、2本(240ml)飲んだとしても缶300mlよりは少ないので、それほど神経質になる必要はありません。

ただ、瓶2本分は缶の190mlより多いので、その点は頭に入れておきましょう。

瓶タイプの栄養成分表示は以下の通りです。

栄養成分表示(100mlあたり)
エネルギー56kcal
タンパク質0g
脂質0g
炭水化物14g
食塩相当量0.01g
ビタミンC21mg
ナイアシン9mg
ビタミンB20.8mg
ビタミンB60.8mg
ビタミンP0.8mg
アスパラギン酸11mg

出典:リアルゴールド 製品情報

※瓶の成分比率は缶とほぼ同じだが、なぜかビタミンCの含有量が極端に少なくなっている。

瓶(120ml)の成分量
栄養成分表示(120ml換算)
エネルギー67.2kcal
炭水化物16.8g
食塩相当量0.012g
ビタミンC25.2mg
ナイアシン10.8mg
ビタミンB20.96mg
ビタミンB60.96mg
ビタミンP0.96mg
アスパラギン酸13.2mg

ウルトラチャージレモン

最近増えてきたペットボトルタイプのなかでも、一番スタンダードな商品。

内容量は490mlで、一番大きいボトル缶よりもさらに量が多いのが特徴です。

成分比率が缶とは若干異なり、ビタミン配合量なども変わっています。

栄養成分表示(100mlあたり)
エネルギー44kcal
タンパク質0g
脂質0g
炭水化物11g
食塩相当量0g
ビタミンC9~30mg
パントテン酸0.6~1.9mg
ナイアシン1mg
ビタミンE0.5mg
ビタミンB60.1mg

出典:リアルゴールド ウルトラチャージ レモン

490mlの成分量

栄養成分表示(490ml換算)
エネルギー215.6kcal
炭水化物53.9g
ビタミンC44.1~147mg
パントテン酸2.94~9.31mg
ナイアシン4.9mg
ビタミンE2.45mg
ビタミンB60.49mg

ウルトラチャージレモンの目安量は1日1本までです。

100mlあたりで見ればカロリー・糖質は缶より低いのですが、いかんせん量が490mlと多いため、1本でもかなりの高カロリー・高糖質となります。

490mlに換算すると、カロリーは215.6kcal、糖質は53.9gとなり、どちらも300mlのボトル缶を上回ります。

1本すべて飲んだ場合、糖質量はご飯1杯分に匹敵するため、糖質制限中の方は特に注意が必要です。

缶とは違ってペットボトルはフタができるので、半分ずつ2日に分けて飲むなど、うまく量を調節していきましょう。

なお、ペットボトルは口をつけると中で雑菌が繁殖するので、次の日に持ち越すつもりならコップなどで飲みましょう。


スポンサーリンク

リアルゴールド ドラゴンブースト

6種類の東洋素材が配合された、2019年10月発売のエナジードリンク缶。

内容量は250mlで、リアルゴールド系の商品では唯一カフェインが入っています

栄養成分表示(100mlあたり)
エネルギー52kcal
タンパク質0g
脂質0g
炭水化物13g
食塩相当量0.05g
ナイアシン9mg
ビタミンB20.8mg
ビタミンB60.9mg
アルギニン131mg
カフェイン32mg

出典:リアルゴールド ドラゴンブースト

250ml缶の成分量
栄養成分表示(250ml換算)
エネルギー130kcal
炭水化物32.5g
食塩相当量0.125g
ナイアシン22.5mg
ビタミンB22mg
ビタミンB62.25mg
アルギニン327.5mg
カフェイン80mg

ドラゴンブーストの目安量は1日1本まで

カフェインについては、1本で80mgと他のエナジードリンクよりも低めであり、過剰摂取はそこまで気にしなくてもOKです。

参考までに例を挙げると、モンスターエナジーが1本で142mgなので、2本飲んでようやくモンエナを少し上回る程度です。

ただ、2本以上飲む場合はやはり糖質がネックであり、1本で32.5gとそこそこの糖質が入っています。

1本でパン1個分に近い糖質が入っているので、2本以上飲むのはなるべく避けましょう。

ちなみに、アルギニンの数値がかなり高いですが、こちらは摂取適正量がかなり高い(1日の適量:1000~8000mg)ので、過剰摂取の心配はほぼありません。
(サプリを飲んでいる方は要注意。)

リアルゴールド ロケットスタート

2018年11月に発売された、黄色い缶が特徴の朝用リアルゴールド。

内容量は250mlで、朝に飲む用なのに意外にもノンカフェインとなっています。

栄養成分表示(100mlあたり)
エネルギー56kcal
タンパク質0g
脂質0g
炭水化物14g
食塩相当量0g
ブドウ糖5g
アスパラギン酸12mg
ヒスチジン7mg

出典:リアルゴールド ロケットスタート

250ml缶の成分量
栄養成分表示(250ml換算)
エネルギー140kcal
炭水化物35g
ブドウ糖12.5g
アスパラギン酸30mg
ヒスチジン17.5mg

ロケットスタートの目安量は1日1本まで

理由としてはまたもや糖質で、缶1本で35g入っています。

糖質35gはだいたいパン1個分の糖質に相当するので、1本飲むだけで軽い間食と同等の糖質が摂れてしまいます。

毎日運動している方でもない限り、なるべく2本以上飲むのは控えたほうがいいでしょう。

ウルトラチャージ スーパーフルーツパンチ

2019年9月30日から販売されている、ウルトラチャージシリーズの秋季限定商品。

内容量は490mlで、ペットボトルタイプ。

栄養成分表示(100mlあたり)
エネルギー48kcal
タンパク質0g
脂質0g
炭水化物12g
食塩相当量0g
パントテン酸1.5~6.0mg
ナイアシン3.9mg
ビタミンB60.4mg

出典:リアルゴールド ウルトラチャージ スーパーフルーツパンチ

490mlの成分量
栄養成分表示(490ml換算)
エネルギー235.2kcal
炭水化物58.8g
パントテン酸7.35~29.4mg
ナイアシン19.11mg
ビタミンB61.96mg

スーパーフルーツパンチの目安量は1日1本まで

その理由はまたしても糖質ですが、このスーパーフルーツパンチはリアルゴールドのなかでも、とりわけ糖質の数値が高いです。

1本飲み切ると、それだけでパスタ1食分に匹敵する糖質が入っているので、1日に2本空けるのは正直おすすめしません。

ウルトラチャージレモンもそうですが、ペットボトルは量が多い分、糖質もそれだけ高いということを覚えておきましょう。


スポンサーリンク

まとめ

リアルゴールドの栄養成分は、全体的にとにかく糖質が多いです。

少量サイズであっても、小型のパンと同等ぐらいの糖質が入っているので、1日2本以上飲むのはよく考えた方が良いでしょう。

また、量が多いボトル缶やペットボトルの場合、カロリーの数値も地味に無視できなくなります。

よく飲む習慣がある方は、栄養成分を確認しながら上手く量を加減していきましょう。